お客様の「好き」をトイレで表現する


トイレリフォームへの飽くなき挑戦。

同じ現場はひとつとしてないから、常に学びの精神で。


埼玉県所沢市でデザインリフォーム事業を営む「KAWAYA-DESIGN」です。

前回ご紹介した、階段下の和式トイレリフォーム。

階段を隠す壁の一部を壊し、デッドスペースを活かしたトイレ空間の再構築を行いました。

https://kawaya.net/2022/01/15/narrow-japanese-style-toilet/

今回はその続編として、インテリアデザイン編、そしてトイレリフォームへの熱い想いを綴ります。

①トイレ空間の「価値」を高めたい

使いづらいだけでない、見た目も古さを感じる和式トイレ。

使いにくい、不便、そういった点をリフォームで改善するのは当然ですが、さらに空間としての「価値」を高めたい。

リフォームは人に感動を与えられる、尊い仕事だと僕は思っています。

トイレが変われば、暮らしも変わる。

お客様の暮らしを変えたい、その一心で現場に向き合っています。

ヒアリングからオーダーメイドのトイレをプランニング

お客様は60代女性。

蛇口修理で伺い、過去のトイレ施工事例を見せたら「全部お願いしたい」

金額も聞かずに即決してくださった方です。

期待に応えたい……!

プランニングにも熱が入ります。

ヒアリングでは好きな色はピンクと伺いました。

インパクトのある強めのピンクに、大人っぽいエレガントな要素を入れたくて、サンゲツのRE51421をチョイス。

ウィリアム・モリスを彷彿とさせる花柄デザインです。

こうして和式トイレのイメージをくつがえす、艶やかなトイレ空間が完成しました。

もうひとつ解決したかった問題

「狭い」「収納がない」和式トイレ。

それに加えて、もうひとつの問題が「暗い」ということでした。

その原因となっていたのが収納不足。

リフォーム前は、突っ張り棚にのせられた日用品が照明を遮っていました。

「収納がない」ことによって、「暗い」トイレになっていたのです。

階段下を活かした造作収納が増えたことにより、こちらの突っ張り棚は撤去。

照明の光がしっかり届く、明るいトイレ空間になりました。

暗い、狭い、収納がない。

和式トイレにありがちな、三重苦を克服した洋式化リフォーム。

KAWAYA-DESIGNでは、ひとりひとりのお客様がトイレを心地よく使っていただけるよう、オーダーメイドのトイレリフォームをご提案しています。

このトイレ何とかならない?使いやすいトイレにして!

そんな声にお応えするべく、トイレ野郎社長の飽くなき挑戦は続きます……!

Consult with us about any toilet

トイレにまつわることならお気軽にご相談ください

トイレにまつわることならお気軽にご相談ください

トイレで世の中をワクワクさせたい。
KAWAYA-DESIGN(石和設備工業)は単なる「空間」を新しい視点と確かな技術で
プロデュースできる水道工事会社です。

Contact us